家事と仕事を両立しよう!

家事と仕事を両立する主婦におすすめの仕事情報などを紹介するサイトです。※お問い合わせ※

時短テクニックを使って家事を片づける

時短テクで両立を

家事と仕事は「時短」がポイント

家事と仕事は「時短」がポイント

働きたいという気持ちがあっても、家事と仕事を両立させられるかどうかが不安でなかなか行動に移せないという人もいるでしょう。子育て中の女性なら、家事と育児だけですでに精一杯なのに、仕事の負担まで増えるとなると、どうやって全てをこなせばいいか迷うかもしれません。そこでぜひ意識したいのが「時短」です。働くようになると、家事に費やしていた時間の一部を仕事に使わなければならなくなるので、それまでと同じ家事のやり方をしていたら時間が足りません。そこで、時短テクニックで限られた時間をうまくやりくりして、生活の変化に適応していくようにしましょう。

家事を完璧にやろうとしない

専業主婦の時にはできたことが、働くようになるとできなくなるのは当たり前のことですが、働きはじめの頃はそこがうまく割り切れず、思うように家事をこなせないことにストレスを感じるかもしれません。もし、家事と仕事の両立がとても難しいものに感じるようであれば、「家事の手抜き」を意識してみましょう。どうしてもやらなければならない家事から優先順位をつけて、時間があるようなら優先順位の低い家事もこなすというように自分の中でルール化すれば、家事を手抜きしたことで自分や家族が困るということはまずないでしょう。

家事の時短はどこから?

主婦にとって毎日の悩みといえば食事の用意です。仕事をするようになると料理にかける時間も少なくなるので、その悩みはさらに深くなるかもしれません。しかし、休日や時間のある時に作った料理や、すぐに調理できるように下処理した食材などを冷凍しておくと、短い時間で料理を済ませることができるでしょう。また、冷凍食品をはじめとする保存食品なども常備しておくと便利です。
洗濯に関しては、洋服が足りているならその日のうちに洗濯しなくてもいいので、家事のための時間が十分に取れないなら後回しにできます。乾燥までできる全自動洗濯機なら干す手間がないのでこまめにできるかもしれません。また、毎日洗いたいものとためておいていいものを分けて、どうしても洗いたいものだけをこまめに洗うなどすれば、手間を減らすことができるでしょう。
部屋の掃除は、食事の用意や洗濯よりも優先度が低いはずなので、時間のある時にやるものと割り切ったほうがいいでしょう。どうしても気になるようであれば、ロボット掃除機などを活用するというのもおすすめです。あとは、スキマ時間にモップで軽く掃除をしておいたり、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りは使った後にさっと掃除しておいたりするなど、何かのついでにちょっと掃除しておくようにして汚れを極限まで溜め込まないようにすると、家事ができないストレスを軽くすることができるでしょう。

家事のスキルアップがカギ!

  • 家事を仕事に活かせる「ホームヘルパー」

    家事を仕事に活かせる「ホームヘルパー」

    子供の世話をしたり、病気の家族や親などの介護をした経験がある主婦は、それらの経験から得たスキルを武器にホームヘルパーの仕事に就くことができます。経験がなくても未婚者でも、ホームヘルパーの仕事をすることは可能ですが、普段から家事に慣れている主婦は即戦力になりやすいので歓迎されます。また、同じくヘルパーとして働く主婦が多い職場なら、家庭と仕事の両立にも理解があるので、長く働き続けたい人におすすめの職種です。

  • 時短テクニックを使って家事を片づける

    時短テクニックを使って家事を片づける

    家事と仕事をうまく両立させるコツは家事の「時短」です。仕事をしながら完璧に家事をこなそうとすると負担になるので、後回しにできる家事は思い切って後回しにするなどの割り切りが必要になるでしょう。仕事をはじめる前までの習慣が変わることへのストレスを感じるかもしれませんが、新しい生活に慣れていくことも大切なので、家事に優先順位をつけて一度で無理に全てをこなそうとせず、意識的に手抜きをしてみるようにしましょう。