家事と仕事を両立しよう!

家事と仕事を両立する主婦におすすめの仕事情報などを紹介するサイトです。※お問い合わせ※

面接では「何を見られているか」を意識

ヒューマンスキルをアピール

見られていること

見られていること

面接で話す内容は採用に直接かかわる重要なことですが、話す内容に問題がなくても不採用になるケースは数多くあります。話す内容に関しては、準備段階で想定していた質問さえあれば答えられるものなので、前もってきちんとしたものなるよう作り込むことができます。しかし、話し方や態度などから見えてくる資質に不安要素を感じると、採用を見送られてしまう可能性があります。

見た目の印象が全てを決めることも

第一印象の影響力は侮れないもので、最初に悪印象を与えてしまうとそれが最後まで響くことになります。正社員の面接であればスーツが基本ですが、パートなどの面接ではそこまでの服装を求められていない場合が多く、人によって面接時の服装に差があります。特に女性は洋服のバリエーションがあるだけに迷うところですが、パートであってもオフィスカジュアルぐらいの服装がおすすめです。カジュアル過ぎる色柄ものやフォーマル過ぎる派手なものもNGで、メイクもそれと同様の考え方です。

ビジネスマナーとヒューマンスキル

いよいよ面接となるとどうしても緊張してしまうかもしれませんが、話す内容にばかり気を取られていると、その他にもアピールすべき点がおろそかになりかねません。スキルや経験、資格などについては履歴書と職務経歴書に書いてあるので、採用担当者もある程度のことはすでに把握しています。そのため、面接の時には話を聞きながらビジネスマナーやヒューマンスキルに注目していることが多いものです。言葉づかいはきれいか、人と目を合わせて話せるかどうか、落ち着きの面はどうか、物事の考え方はどうかなど、実際に話すことによって見えてくることはたくさんあります。もし優秀な人材だったとしても社内の雰囲気になじめそうもない人なら、チームワークが保てないということで採用は見送りになってしまうかもしれません。また、家事と仕事の両立という面で自分の都合ばかりを主張してしまわないことも大切です。
緊張しすぎずリラックスしすぎずを意識するのは大変ですが、話す内容だけでなく立ち振る舞い、平衡の取れた考え方など、全体的なバランスを考えてシミュレーションしておきましょう。

あらゆることが試される

履歴書と面接だけが選考の場ではなく、応募先との接触は全て選考のうちと考えるようにしましょう。電話やメールのやり取り、面接会場で待っている間の態度などもさりげなく見られているものなので、適度な緊張感をキープしましょう。また、指定された時間を守ること、持ち物を忘れないようにすることなど、守れて当然のことは絶対に守らなければなりません。気をつけなければならないことばかりに思えるかもしれませんが、社会に出て働くということはつまりそういうことです。

家事のスキルアップがカギ!

  • 家事を仕事に活かせる「ホームヘルパー」

    家事を仕事に活かせる「ホームヘルパー」

    子供の世話をしたり、病気の家族や親などの介護をした経験がある主婦は、それらの経験から得たスキルを武器にホームヘルパーの仕事に就くことができます。経験がなくても未婚者でも、ホームヘルパーの仕事をすることは可能ですが、普段から家事に慣れている主婦は即戦力になりやすいので歓迎されます。また、同じくヘルパーとして働く主婦が多い職場なら、家庭と仕事の両立にも理解があるので、長く働き続けたい人におすすめの職種です。

  • 時短テクニックを使って家事を片づける

    時短テクニックを使って家事を片づける

    家事と仕事をうまく両立させるコツは家事の「時短」です。仕事をしながら完璧に家事をこなそうとすると負担になるので、後回しにできる家事は思い切って後回しにするなどの割り切りが必要になるでしょう。仕事をはじめる前までの習慣が変わることへのストレスを感じるかもしれませんが、新しい生活に慣れていくことも大切なので、家事に優先順位をつけて一度で無理に全てをこなそうとせず、意識的に手抜きをしてみるようにしましょう。